陰キャの人生攻略法

陰キャやコミュ障が人生を少しでも楽に生きる為の備忘録

やる事がない状態は究極の精神状態である

どうも陰キャです。



人生30年近く生きてきて最近思うのが

感情の起伏がどんどん無くなってきたなと。



人は新しい経験や取り組みに対して期待や不安を伴いながら感情が上下に振れるみたいですが

逆に言えば自分ができることは全てやって残りの人生暇だなという僕にとっては

感情の振れ幅がどんどん小さくなるわけです。



いやいや人生やる事いっぱいありますやん

って思う方はやる事をするだけの能力を備えた幸せな方だと思うので

そのやる事に一生懸命取り組まれるのが良いと思います。



逆に幸せになる為に自分の能力に見切りを付けて捨てる或いは諦めるという「やる事」を見事にやってのけた先には

ダラダラ寝る食べる、出掛けたくなったら散歩するしネットしたくなったらネットサーフィンする

というなんとも平和な日常が訪れる訳です。



そこに立ち塞がるのが生活費を稼ぐ為の仕事で

上記の平和な生活を侵食されない為にも

拘束時間が短くてストレスがない仕事選びが大切ですね。



平和な日常を維持するのってそこまでお金はかからないと思うので

深夜帯の仕事や週4日稼働で済むような仕事を探すのが良いかと思います。



ここで受けるストレスを最小限に抑える事が出来たのであれば

ある種人生ゲームクリアしたと言っても良いのではないでしょうか。



ここまでくると自分の人生にはさほど興味も無くなってきて

上記の平和な日常へのちょっとしたスパイスとして

自分の人生は捨てた上で他人の人生を覗き見る事も楽しいものです。



裁判の傍聴はタダで楽しめる優良コンテンツです。

色んな世界で人は生きているのだなと学ぶ事ができます。



生活の中で余ったお金で街コン行って人間観察するなりSNSで人の生活覗いたりする事もまた

一周回って楽しくなってくるものです。



この境地になってくると自分は欲望が渦巻く競争から降りてる訳だから

目の前で何を持ってるとかどこどこ行ったとか自慢されようが

目の前で超絶美人を口説き落とされようが

なんならその過程で僕をバカにしようが特に何も感じない訳です。

むしろ目の前の観察対象に頑張って変化を起こしてくれてありがとうという気持ちですね。



ここで嫉妬心や心の何処かにザワザワするものを感じるようであれば

まだまだ自分の人生に期待や興味を捨てきれてないという事です。



高みの見物でも低みの見物でもない

別次元からの見物はとても良い暇つぶしですよ。

捨てる事で選択肢は増える

どうも陰キャです。



今日は投票日だったみたいですね。

当然の如く選挙には行ってません。



そもそも数の暴力で僕の世代が勝つ事は不可能なので行っても行かなくても同じです。

せいぜい暇ならNHKから国民を守る党に入れようかなくらい思っていたところですが

明日からの仕事に備えて丸一日睡眠を優先しました。



というか僕ら世代に有利になる事はない政治なんて勝手にやっててくださいという認識ですし

搾取されるのは自明の理なのであとは例えば40歳未満の人間は卵を食べてはならないとかそんな法律が作られる事さえなければどうでも良いんですよね。



まぁ保険料は上がるでしょうけど今のままの収入で保険料によって生活が成り立たなくなればさっさと鬱病の診断受けて仕事辞めて生活保護を取ろうと思います。



守るものがない人間はこういう時に躊躇なくこの選択ができるので強いです。



過去にも何度か言ってますが、プライドは捨てた方がマジで有利に立ち回れますよというお話でした。

ドロップアウト

どうも陰キャです。



最近2000万円だか3000万円だか老後に足りなくなりますよって色々話題ですね。



簡単にまとめると20代30代の奴らは年金じゃ足りねえから自分で数千万用意しろよ

けど毎月今の50代以上の為に年金として強制的に巻き上げるからよろしく。

あ、この制度変えたくても数的不利なお前らじゃ絶対変えられねぇから。



という事ですね。

しかし安楽死は認められません。

奴隷が死ぬと困りますからね。



そんな状況で消費しろだの結婚して子供産めだの言われるもんだからたまったものではありません。



さてさてここで特に人生に希望も無くダラダラ消化試合を続けている僕はどうするのか?

真面目に2千万だか3千万を貯めにかかるのか?



答えは



有り金は全部使う



です。



そもそも今から貯金を始めてもこの低賃金では貯まるかどうか怪しいところです。

仮になんとか今を切り詰めて貯まったところで数千万円持って老後どうすんの?って話です。

どうせまた貯めてる途中で高齢者に取り上げられるようなイベントが起こるかもしれませんし

それなら今さえよけりゃそれで良いというキリギリス的な生き方で

老後は生活保護をもらうかさっさと死ぬ方が良いですね。



今を切り詰めて頑張っても貯められなければ自己責任だなんだと言われるくらいなら

ハナからそんなつもりもなく老後は生活保護コースで好き勝手生きる事を選びます。



ではでは今日はこの辺で。


バカの考え休むに似たり

どうも陰キャです。



このブログを読んでいる人はもうお気付きかと思いますが、僕はあまり賢くありません。



どちらかと言わずしも明確にこのタイトルにあるバカの部類に入ります。



僕はこれまでどの分野においても望む結果を得られず生きてきた訳ですが

何をするにしても元の能力が劣っている事は自覚しているので

あれこれ工夫しようとしたり色々考えるんですがどれもパッとしない結果に終わる訳です。



じゃあどうせ上手くいかないならもう人生の選択を全て知っている諺に当てはめて行動してみるのはどうかと思った訳です。



諺や故事成語というのは人類が書物が残せるようになってからも数千年は経つわけで

それこそ言葉を獲得してから50〜100人単位のグループで活動してた頃まで遡ると万年単位になったと思うのですが

その間人と人との会話は何兆回、何京回、何垓回では済まされないくらい

それこそ言葉通り《無数》に繰り返されている訳です。



そんな本当の意味での《無数》の会話の中には諺や故事成語のタネになるような物は沢山あった中で

そんな中でも現代今日に至るまで残っている諺というのはやっぱりそれなりの意味を持つものだと思うのです。



中には反対の意味の諺もありますが、例えば何かしようと思い立った時に

善は急げ

という諺と

急いては事を仕損じる

という諺がぶつかり合う事になりそうですが

物事は

急ぐ

急がずにする

以外にも誰かにやってもらうとかそもそもやらないなんて選択肢もあるわけで

YESかNOの2択みたいな事ってあまり無いように思います。



なのでこの場合は急いでやるにしても急がずじっくりやるにしてもどちらを選んでも

いずれかの諺に従って行動したからオッケーというルールが良いのかなと思います。



タイトルにもあるようにバカは考えても仕方ないので、それなら一定のルールだけ決めてあとはその通り動いた方が

下手に考えて動くより良い結果になるのではないかと思った今日この頃です。




手のひらクルックル

どうも陰キャです。



なんか名言っぽいのを聞いて感動したり考え方が変わったりする人に対して

ちょこっと他人の意見を聞いただけですぐ価値観変わる人ってなんて薄っぺらい人生なんだという意見を聞くことがあります。



さてさてこれは真っ当な人生を送ってきた人に対しては

ちょっと聞いた良い話っぽいのに惑わされずに自分の軸をしっかり持てよというある種の指摘とも取れる訳ですが

僕をはじめとしたそれこそ30秒もあれば人生全てを説明可能な薄っぺらい人生を送っている人間は

そういう話や偉い人賢い人が言う話にホイホイ乗って行った方が

自分でバカな判断するよりはマシだと思うんですよね。



偉い人や賢い人のポジショントークで多少は損したとしても自分で判断して動けばその倍は損する訳なので

その時の自分にとって耳障りの良い話を聞いて行動した方が幸せだと思います。



日本には一つのことを続けたり信じ抜く事を美徳と考える人達もいるようですが

僕みたいな人間はその時その時で自分にとって心地良い話に流された方が幸せですね。



別に昨日言ってた事や信じてた話から180°逆の意見になっていたって良い訳です。

すぐに諦めたって別に構いません。

何事もあぁダメでした、じゃあ辞めますわ的な姿勢で臨めば良いかと思います。



手首が千切れるくらい手のひらクルックル回して生きましょう。

選択肢と取捨選択

どうも陰キャです。



1ヶ月何も書いてないのにこんなブログでも今月で30回閲覧されているようです。



一体誰が見てるんでしょうね。



世の中には暇な人がいるもんなんだなぁと思います。



まぁ人生死ぬまで暇つぶしなんで暇つぶしする為にも選択肢って多い方が良い訳ですよね。



となると英語ができるのとできないのとでは人生のクオリティが大きく変わると思う今日この頃で

もし自分が10歳の頃に戻れるので

あればひたすら英語の勉強と会話の実践ばかりすると思います。



何故英語かと言うと単純に英語の話者が圧倒的に多いという理由です。

日本語喋るのが1億数千万人に対して英語はその数十倍となれば

当然ネットに上がる情報も英語で上がる情報量の方が圧倒的に多くなるわけですから

それだけコンテンツも充実して暇つぶしになります。



生きていく上でも日本以外の国で生きるという選択肢が生まれますし

日本向いてないなと思えば違う国に行くなんて事も出来てしまいます。



働き方の選択肢も圧倒的に広がることでしょうから日本語しかできない人に比べると有利に立ち回れます。



ここまで英語を推しておきながら僕自身は英語が全く出来ません。

別にサボってたわけではなくなんならそれなりに勉強に時間をかけた方だと思いますが全くできませんでしたね。



大学生になった時にこれから社会で働いて生きていくには

なんとなく日本語以外の言語ができた方が良いみたいな事を耳にしてたもんで

しかし英語は出来ないから何を血迷ったか中国語に取り組んでみた訳です。



華のリア充大学生活とは程遠い存在である僕は時間だけは有り余っていたので

2年間受験勉強バリに中国語に取り組んでみたのですが

結果はギリギリ中国語検定の3級を取るので精一杯という見るも無残な状態でした。



ここで自分の無能さを認め、語学勉強を辞めたのと

今後の人生において語学勉強はしないという事に決めました。



理由は簡単で、自分は語学の勉強に時間を割いても一切身につかない脳のスペックという事が分かったので

そんな時間は全て他のことに回した方が有意義だからですね。



どれだけ時間を費やしたものでもダメだと分かればあっさり全て捨ててしまう損切りの精神は取捨選択において大切な事だと思いますね。



丸2年間の勉強はなんだったんだという気持ちもありますが

ダメなものに3年4年とズルズル時間を捨てるよりマシで

それなら経済が縮小していく日本で無能な自分が如何に生き残るか考えるという戦略に舵を切る方が有意義ですね。



まぁそこで出た選択肢が

バイトでもなんでも良いから働いて生活費を稼ぎつつ


⑴優秀までとはいかなくとも普通に働いてくれる伴侶を見つけて結婚し、寿命まで生きる。


⑵楽な自殺方法を見つけ、一定の年齢になれば自殺する。


の2つでした。


眠くなってきたので

その2つの選択肢の詳細など続きはまた今度書きます。

代わり映えのない日々

どうも陰キャです。



また春がやってきますね。



出会いと別れの季節ですね。



まぁ人生はRPGみたいなもんなので社会人にもなればとりわけ自分から行動しなければ

この春でさえも何もイベントが起きない世界になってしまいます。



しかしネットの発達によって様々な情報が多かれ少なかれ出回るわけでSNS

それこそ今話題の破産者マップ(今はもうサイトが閉鎖されましたが)で地元を見るなんかしても色々わかることがあるんですね。



元々人の観察が好きなので30年近く生きるとまぁこうも人って色んな人生歩む事になるんだなぁとこれまたものすごく感慨深いものがありまして。



こんな気持ちになれるのも痛いのは嫌だけど安楽死なら今すぐ死んでも良いやって思える心の準備って言えば聞こえは良いが

実際のところ諦めに似た心の整理ができてるのが大きいと思います。



妻夫子供が居たりこれからの未来に希望を持って生きる人はそのような感情はなく 良い意味でも悪い意味でもまだまだ自分中心のモノの見方や考え方をする必要があると思いますが

僕みたいな肩の荷が下りたというかそもそも肩に荷を背負わなかった人はこれまた良い意味でも悪い意味でも第三者目線を持ちやすくなるので

立ち止まって見てみる人間観察って楽しいですよという僕に似た境遇の方向けへの暇つぶし方法の提案でした。